損害賠償について

事故に遭い後遺症が残ったという時、加害者に損害賠償請求ができます。ただし後遺障害等級認定を受け、等級が確定していないといけません。後遺障害等級認定を受けている場合でも、自分で損害賠償請求をする事は出来ません。これは弁護士しか請求できませんので、弁護士に依頼します。

弁護士に依頼すると高い報酬を支払わなければいけないイメージがあり、躊躇してしまいます。しかし弁護士に依頼せず自賠責保険と任意保険の基準だけでは、十分な金額を得られない事になってしまいます。特に後遺症が重いほど、日常生活にも支障が出ますし、治療費などもかかってしまいます。

こういう時弁護士に依頼すると、自賠責保険と任意保険基準だけでなく、弁護士基準で損害賠償請求ができるので、高額の慰謝料請求が可能となるのです。交通事故の慰謝料は専門家に相談したほうがアップするので、弁護士の報酬を支払っても、十分な額を受け取る事ができます。

弁護士に依頼する事で、なかなか証明しにくい後遺障害の証明もしやすく、適切な検査が受けられるので、後遺障害等級も適正に獲得できます。ただし弁護士なら誰でもいいというわけではありません。弁護士にも得意分野と不得意分野がありますので、後遺障害を得意とする弁護士を探しましょう。

弁護士探しはネットを活用できます。無料相談を受け付けている弁護士もいますので、まずは相談してみましょう。

後遺症のレベル

交通事故に遭い怪我をして、治療をしても症状が改善せず、不具合や障害が固定した状態になると後遺症と診断されます。後遺症と言っても、実際には等級があって、等級により保険の扱いも変わってきます。

東急は1級から14級まであって、数字が大きくなるほど症状は軽くなります。1級は後遺症の中でも最も重く、自賠責保険や共済保険でも、3,000万円から4,000万円の補償が出ます。ただし東急が重いほど、労働能力喪失率は高くなるので、日常生活に支障が出てしまうケースも少なくありません。

後遺症の診断や等級の診断も医師が行います。事故から6ヶ月以上経過しても、何らかの症状が残りそれが固定している場合は、後遺障害投入の認定申請ができます。重度の後遺症が残った場合は、身体障害者手帳や精神障害者福祉手帳の申請もできますので、等級に応じて申請しておきます。

ただし自分では痛みなどの自覚症状があるのに、それを証明できなければ後遺症とは認められず、申請をしても非該当になるケースがあります。これはむちうちに多いのです。むちうちは等級12から14に該当しますが、被害者が症状を訴えていても、レントゲンやMRIでそれを証明または確認できないと、非該当となってしまうのです。

後遺症は目に見えないものだけに、診断が難しい場合もあります。明らかな症状があるのに非該当になった場合は異議申し立てをする事もできます。

後遺症について

交通事故に遭い後遺症が残るケースもあります。後遺症というのは、治療をしても完治できず、体に障害や不具合が残りそれが固定された状態の事をさします。交通事故で怪我をして、その後6ヶ月間治療を続けても、完治せず何らかの症状が残っているときに、「後遺障害」と認められます。

後遺症はすぐにはわからない事が多く、不具合が体に残るためとても辛い思いをする事も少なくありません。交通事故で多いのが「むちうち」です。もちろんこれ以外の後遺症もありますが、むちうちは一旦症状が改善したように思えても、突然ぶり返したり、寒い季節になると痛みがしたりと、一生後遺症が残るので、後遺障害と認められた場合は、損害賠償も高額になります。

事故の被害者が後遺症が残ってしまったから、慰謝料を支払えと加害者に言っても、後遺症がある事を証明できないと慰謝料は請求できません。この場合は「後遺障害等級認定」手続きをして、後遺症が残っている事を証明しなければいけません。

この場合医師の診断書が必要です。後遺症には等級があってそれにより慰謝料の金額は変わってきます。等級の判断は、MRIやレントゲン、診察した結果に基づき医師が判断します。被害者がいくら痛みが強いから、等級を重くしろと言っても、医師の診断で決まるものですから、自分で等級を決める事は出来ません。

後遺症がある場合は、自賠責保険からも補償が受けられます。これは労働能力喪失率により、金額も変わってきます。