後遺症について

交通事故に遭い後遺症が残るケースもあります。後遺症というのは、治療をしても完治できず、体に障害や不具合が残りそれが固定された状態の事をさします。交通事故で怪我をして、その後6ヶ月間治療を続けても、完治せず何らかの症状が残っているときに、「後遺障害」と認められます。

後遺症はすぐにはわからない事が多く、不具合が体に残るためとても辛い思いをする事も少なくありません。交通事故で多いのが「むちうち」です。もちろんこれ以外の後遺症もありますが、むちうちは一旦症状が改善したように思えても、突然ぶり返したり、寒い季節になると痛みがしたりと、一生後遺症が残るので、後遺障害と認められた場合は、損害賠償も高額になります。

事故の被害者が後遺症が残ってしまったから、慰謝料を支払えと加害者に言っても、後遺症がある事を証明できないと慰謝料は請求できません。この場合は「後遺障害等級認定」手続きをして、後遺症が残っている事を証明しなければいけません。

この場合医師の診断書が必要です。後遺症には等級があってそれにより慰謝料の金額は変わってきます。等級の判断は、MRIやレントゲン、診察した結果に基づき医師が判断します。被害者がいくら痛みが強いから、等級を重くしろと言っても、医師の診断で決まるものですから、自分で等級を決める事は出来ません。

後遺症がある場合は、自賠責保険からも補償が受けられます。これは労働能力喪失率により、金額も変わってきます。