損害賠償について

事故に遭い後遺症が残ったという時、加害者に損害賠償請求ができます。ただし後遺障害等級認定を受け、等級が確定していないといけません。後遺障害等級認定を受けている場合でも、自分で損害賠償請求をする事は出来ません。これは弁護士しか請求できませんので、弁護士に依頼します。

弁護士に依頼すると高い報酬を支払わなければいけないイメージがあり、躊躇してしまいます。しかし弁護士に依頼せず自賠責保険と任意保険の基準だけでは、十分な金額を得られない事になってしまいます。特に後遺症が重いほど、日常生活にも支障が出ますし、治療費などもかかってしまいます。

こういう時弁護士に依頼すると、自賠責保険と任意保険基準だけでなく、弁護士基準で損害賠償請求ができるので、高額の慰謝料請求が可能となるのです。交通事故の慰謝料は専門家に相談したほうがアップするので、弁護士の報酬を支払っても、十分な額を受け取る事ができます。

弁護士に依頼する事で、なかなか証明しにくい後遺障害の証明もしやすく、適切な検査が受けられるので、後遺障害等級も適正に獲得できます。ただし弁護士なら誰でもいいというわけではありません。弁護士にも得意分野と不得意分野がありますので、後遺障害を得意とする弁護士を探しましょう。

弁護士探しはネットを活用できます。無料相談を受け付けている弁護士もいますので、まずは相談してみましょう。